クシタニ GUARD SHOES IV


クシタニ「GUARD SHOES Ⅳ」です。

 

ガルドシューズといいます。4つ目のモデルのⅣです。

レーシングシューズは持っていますが、ブーツアウトタイプのパンツをはいているとレーシングシューズの高さが邪魔に感じるのです。以前からショートブーツが欲しいなあと思っていてようやく買いました。

 

f:id:GSX-R1000:20180915220358j:plain

 

値段は38000円なのだ!

高いと思うかもしれませんが、

このシューズを履いてみるととその値段は安いと思います!

 

この履き心地であれば48000円でもおかしくはない。

ただ、あまり高いと売れない(^^;

 

 

このシューズ持ってみると軽さに驚きます。

軽いっていいですね、履いてると気持ちも軽くなりますよ。

 

シューズの絞りは3か所です。

クシタニのレーシングブーツもそうですけがマジックテープ固式です。

好みはありますが、履くとき脱ぐときも楽でいいです。

オフロードブーツのような煩わしさはありません。

f:id:GSX-R1000:20180915220359j:plain

 

内側はいたってシンプル

f:id:GSX-R1000:20180915220400j:plain

 

後にはクシタニのマークが入ってます。

f:id:GSX-R1000:20180915220404j:plain

 

 

裏底は、

かかとのカーブが緩くステップに引っ掛かるタイプでなくから足をずらしやすい。

溝がなくのっぺりとしているが、ハイグリップタイヤと同じような感じでアスファルトへの足のつき心地はよい。

比較的柔らかめの裏底でステップの感触がよく伝わります。悪く言えばバイクの振動も伝わるわけですが、振動を和らげるインナーソウルは別売りになってます。SSバイクのようなステップの感触を感じたいのであれば最高にいいと思います。

 

ただ一つ不満なのは、左シューズのチェンジペダルの当たるところが薄くチェンジレバーの感触もダイレクト。皮が二重になっており強度はあるそうですが、もう少し厚くなっていればギヤチェンジは疲れないと思います。

 

f:id:GSX-R1000:20180915220401j:plain

 

 

何よりもこのブーツを履いた時の感激は、

 

   なんて上質な履き心地(*^。^*)

 

       まるでシルクのソックスを履いたような感触じゃないか。

              履いたことないですけど(^^;

 

f:id:GSX-R1000:20180915220402j:plain

 

ブーツの裏側は柔らかい豚皮が張ってあり、凄く履き心地がいいんですよ。

素足で履きたいくらいですよ。

f:id:GSX-R1000:20180915220403j:plain

 

そして驚くことに蒸れない。内部の湿気が皮から逃げるんでしょうか、夏場でも蒸れないのは驚きでした。

それから、ガエルネのブーツは小雨でもしみてくるのに、クシタニのブーツはしみない。新しいからかなあ。でも、雨が強い時はブーツカバーをした方がよいです。

 

クシタニのホームページによれば、

水に強い、超撥水革『KWPレザー』。皮革のコラーゲン繊維にフッ素化合物を深く浸透させていますので、撥水性に優れています。また、大雨などで水が侵入した場合でも乾燥が早く、革の風合いは殆ど変化しません。

 

f:id:GSX-R1000:20181001212105g:plain

 

バイクシューズも進化してるんだと実感(*^^)v

 

お値段以上の履き心地のクシタニシューズでした。