神奈川の旅(初日)

4月12~15日の3泊4日の日程で、

神奈川県に行ってきました♪

 

横浜に住んでいるくうままの兄のところへ行く用事があり、そのついでに観光しようという事になりまして、くうままの姉との3人でFITに乗って行ってきました。特に目的地や時間割は決めず、あっち行ってこっち行ってのイメージだけ。これがとっても楽しい旅になりましたので、初日、二日目、三日目と3回に分けて日記に記録しておきます。

 

4月12日(初日)

朝5時30分に酒田を出発!ナビで目的地を設定すると東北道経由のルートでそちらを選択。

途中の安達太良SAで休憩です。有名なウルトラセブンと写真を撮って満足、センサーがに近づくとジュワッチの変身音が鳴り響き、その場が盛り上がるという仕掛けになってました。

 

次の休憩値は羽生SAです。

東北道を走るのは何年ぶりかなあ。羽生SAが江戸の町になってからは初めて来ました。

 

詳しくないですが、何故か鬼平犯科帳のコーナーもありました。中のフードコートや売店も江戸チックな造りで楽しめました。

 

江戸造りな羽生SAは居心地が良すぎてあっという間に時間が過ぎ去ってしまい、いつになっても横浜にたどり着けん。アイスを食べてとっとと出発しました。

 

ナビは東京都内の渋滞の道を案内してくれまして、

首都高からスカイツリーや東京タワーを楽しめたのはいいですが、渋滞の道をナビは容赦なく案内するんですね。60分ほどで渋滞区間を抜けて湾岸線を経由して横浜へ。

 

12時30分頃でしょうか、横浜に入り最初に行った先は、松任谷由実が歌った「海を見ていた午後」で有名なカフェ&レストラン  ドルフィンで昼食です。

 

くうままと姉は松任谷由実のコンサートに行くほどのファンなので、横浜に来たならばここに来ないとなりませんね。はりきってランチコースを3つオーダーしました。

 

窓からはこんな風景を見ながら料理を楽しめます。今は住宅が建って残念ながら港はちょっとしか見えません。

 

しかし、石油人の私としては心躍る風景でした。原油の蒸留塔を眺めながら料理を楽しめるなんてサイコーじゃないですか♪

 

鉱業人の心躍る風景でした。

 

 

そして絶対外せないドルフィンソーダをオーダー。BGMに「海を見ていた午後」が流れ場を盛り上げてくれるといったにくい演出で感激でした。

ユーミンファンなら歌の歌詞にある「ソーダ水の中を貨物船が通る」を確かめないとなりません。しかしっ、ドルフィンソーダにはメロンの果肉が入っている本格的なメロンソーダで色が濃い、残念ながらドルフィンソーダの向こうには風景は見えません。

 

ユーミンの聖地、ドルフィンに行けてよかったです。

 

その後は横浜に住んでいるくうまま兄のところへ。久しぶりに会って用事を済ませてからステーキをご馳走になりました。用事っていうのは病気のお見舞いではないのでご安心を。

 

 

用事を済ませた後は旅の話に戻ります。

 

夜8時、宿泊先は横浜アパホテルベイタワーにチェックインです。部屋は28階でした。

 

APAホテルの社長のミネラルウオーターがグイグイせまるぅ~

 

ベッドはトリプルで部屋は想像していたよりもはるかに狭かったですが、夜景だけはきれいでした。テレビでよく見かける観覧車や、

 

横浜ベイブリッジ、豪華客船、都会の明かりに魅了されながら10時頃にぐっすりと眠りに落ちてしまったのでありました。シニア年齢に近づきつつあるので就寝時間は早め。

しまった(>_<) 気がつくのが遅かった

翌日に気が付いたのですが客船手前の明かりは赤レンガ倉庫で、夜はライトアップされ最高な横浜の雰囲気を楽しめる場所であったとは・・・横浜の夜景を窓から見ただけで終わってしまったのはちょっと残念です。

 

2日目につづく・・・

 

2024 桜

4月17日いろいろと忙しくなかなか時間がとれませんが、空いている時間を見つけて少しだけですが桜を巡ってきました。

 

この日はあいにくの曇り空、

庄内の桜は満開を過ぎて散りはじめといったところです。

遊佐町の中山の桜を楽しんできました。

花びらのじゅうたんにバイクを置いて撮りたいところですが、カメラマンも多く車両侵入禁止区域なのでここまで寄って我慢です。

このモヤモヤ感をふっとばすため秋田の金浦の桜を見てきました。

こちらは満開でした!

 

桜の季節の勢至公園はすばらすい。池の周りに桜の木があって車両が通行できのでバイクとのツーショットが楽しめる。

この周辺に住む方が羨ましい限りです。

 

あいにく鳥海山は雲に隠れて見えなかったですが、満開の桜を楽しめたのでよかったです。

 

秋田の大潟村にある桜と菜の花ロードも見たかったのですが、天気も悪く時間もなく、明日から出張で今年は見れずで残念です。

そこで、地元の最上川桜ロードで代用します。

 

桜も菜の花もピークは過ぎて散ってます。

 

桜は満開を過ぎてもバイクでかっこよく撮れていればそれでOKです。

 

これで今年の桜は終わりかなあ。。。

いよいよ暑くも寒くもなく走りに適した季節がやってきますね。

さて次の休みはどこへ行こうかヽ(^。^)ノ

バイクのメンテナンス

暖かくなって気持ちよくバイクで走れる季節になりました。

 

気持ちよく走るといっても、バイクの調子を保ってないと気持ちよく走れません。恥ずかしながらバイクのメンテナンスはほとんど南葉商会さんに丸投げ( ゚Д゚)

自分でメンテナンスすることといえば、チェーンの給油や張り調整(これだけは上手くなった)、タイヤの減り具合や空気圧(距離を走るときは必ずチェック)、恥ずかしながらこれだけ。

オイルが汚れたといってはバイク屋さんに持ち込みお願いする・・・果たしてこれでいいのか。GSX-Rのオイル量は2.7Lくらい、ワコーズトリプルアールというオイルを1Lボトルでネットで購入しても、1Lで3150円×3本=9450円、自分で交換するとオイル処分の手間などを考えれば、バイク屋さんにお願いするほう効率的によい。

 

そんな甘い考えでバイクライフを送っていました。

 

しかし、春先の車検で忙しい南葉社長のところに、ホイホイとGSX-RやWRのオイル交換をお願いするのもご迷惑かと思い、出来ることは自分でやろう、以前の乗っていたKATANAのオイル交換は自分でやってたじゃない。

そう決心し、清水の舞台から飛び降りてポチリました!

いつもバイク屋さんで入れていただいている

ワコーズトリプルR

しかもっ 20Lのペール缶(^▽^;)

 

量が多すぎやろ~ ですが、

ペール缶の方が2800円/Lとお得だった。

20Lペール缶購入の一番の理由は、今年もう1台バイクが増えるから^_^;

 

GSX-R、WR、○✖▼の3台をしょっちゅうバイク屋さんに持ち込んで、オイル交換をお願いするのも申し訳ないし、手元にオイルがあればいつでも自分でできるしね。20Lのオイルを使い切れるのだろうかと考えたのですが、バイク3台なら2年で使い切れそう。オイルの賞味期限をネットで調べたら2年くらいで使い切れば大丈夫らしいので20L缶を購入するに至った次第です。

 

オイル交換するにはフィルターもいるってことでWRのフィルターをポチリ!

DAYTONAから出ているパッキンセットを購入

定価は1980円ですが1200円で売ってました。

パッキンやドレンボルトもついているのでよいかも。

 

そして最近、GSX-Rのフロントブレーキの減りも気になり、ちょちょとブレーキパッドを外して眺めるという行為に走り、ディスクパッドグリースなるものを持ってないのでネットでポチリ。

 

100g入りチューブなんて一生かかっても使い切れんやろ~( ゚Д゚)

 

バイク用品はアマゾンや楽天市場で購入できることを知り、便利な世の中になったなあ~って思う今日この頃です。

 

ポチリまくってカードの請求額がおそろしや~( ゚Д゚)

かまけしオヤジのバイクライフにタイトルを改名されないよう、お小遣いの範囲でポチリましょう。